アカデミー活動報告

高松

4月2日~4月8日は・・・

こんにちは。辻です。
 
もう過ぎてしまいましたが、4月2日は何の日だったが皆さんご存知でしょうか??
新年度でバタバタとしてうっかり私もブログを更新できていませんでした。
 
そう、4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」なのです。
また、日本では4月2日~4月8日までを「発達障害啓発週間」とし、自閉 症をはじめ、発達障害についての正しい理解が進むよう啓発活動に取り組ん でおります。
 
東京タワーも、高松のシンボルタワーもこの期間中はブルーにライトアップされています。  
しかし、なぜブルー?気になって調べてみました。(好奇心の塊なもので・・笑)
 
インターネットって便利ですね、すぐに答えが出てきます。
どうやら「癒やし」や「希望」などを表すブルーを、自閉症のシンボルカラーとしているようです。青いものを身につけたり、様々な形でブルーが取り入れられています。みなさんは「青」と聞いて何を連想しますか?
 
「青」といっても、スカイブルーやコバルトブルーなど、濃さが違えばイメージも変わりますよね、私は「青」というと「ドラえもん」の色。でしょうか・・?笑
 
いつも話は逸れてしまいますが・・
 
⇩自閉症啓発デーについて日本実行委員会さまのホームページを記載します。
http://www.worldautismawarenessday.jp/
 
私は「支援」に向き合うとき、利用者さんを決して「特別扱い」はしません。
なぜか?
平等とは、「特別扱い」ではなく、「合理的配慮」だと思うからです。
 
特別扱いをしながらの支援ではなく、利用者さんが本当の意味での「自立」に向かって歩んでいけるようになることを第一と考えています。
私は就労定着支援員として利用者さんと関わる時、「自立」についてのイメージを聞きます。よく耳にするのが、「一人で生活できるようになること」というイメージ。
 
私は自立とは「自己解決ができる力」だと伝えます。それが、色々な安定に繋がっていくと考えています。
 
みなさんは「自立」「合理的配慮」についてどんな考えをお持ちでしょうか??
 
さてさて・・本日はこの辺で・・・
朝晩の冷え込みがまだまだ厳しいので皆さん風邪をひかないようにしてくださいね!
体験・見学・ご相談は随時受け付けております。どうぞお気軽に。
PAGE TOP