アカデミー活動報告

その他

「冬季うつ病」

職場におけるメンタルヘルス「冬季うつ病」

「季節性うつ」は、季節に関連してうつ症状が現れるので、
別名『季節性感情障害(SAD)』と呼ばれることがあるみたいです。

「冬季うつ病」「夏季うつ病」があり、20歳代前半、
女性に多く、高緯度地方で、白夜の北欧ではさらに多いそう。

「冬季うつ病」は精神面でも意欲低下、倦怠感、
などの抑制症状が中心で、憂うつ感などの抑うつ症状は目立たないそうです。
日中の眠気の増加が起こること、米やパン、チョコレートなどの菓子類を好み、
午後から夜にかけて増強するといわれるそうです。

そのため、冬季うつ病は冬眠している様子にも似ているとのことです。

治療法は1~2時間程度、2,500~10,000ルクスの高照度の光を照射するといいそうですね。
治療の効果は比較的早く認められ、1週間程度で改善することが多いといわれます。
中断すると再発する可能性が高いので、冬季の間は連日行なうほうがよいとされているようです。

サスケ・アカデミーでも「職場におけるメンタルヘルス」という
オンラインでのカリキュラムも受講可能となっておりますので、
お気軽にご連絡くださいね。

ご自宅でご相談

WEB上でのご相談・ご面談申し込みフォーム

サスケアカデミー電話ご相談 0120-063-067
PAGE TOP