アカデミー活動報告

その他

人と適度な距離を保ち、自分の場所(自宅など)で仕事をする

コロナによる「テレワーク」などの影響について調査すると「生きやすくなった」という方々が多くいるそうです。
「人間関係のストレスが減った」
「身体的な疲労が減った」
「自分の好きな環境で、集中力が上がった」
「公共交通機関や店内の人が少なく、快適だった」
「家にいる状態でも、罪悪感を感じない」
「イベントがオンラインで行われるようになり、参加しやすくなった」

バーチャルな世界と発達障がい者の「生きやすさ」

人間関係や社会のストレスフリーが多いでしょうか。

実際に生きやすい社会を作るのは難しいですが、
「生きやすいバーチャルな世界」で仕事や学校に行けるなら、人と人や社会とのつながりが築いて行けそうでしょうか。

バーチャルオフィースで仕事やICTを通じて家から病院の先生に相談したり。

人と適度な距離を保ち、自分の場所(自宅など)で仕事をしていけるよう、
自分の強みを生かせ、就職に必要な知識やスキルを身に付けてみませんか?
お気軽にご相談ください。

WEB上でのご相談・ご面談申し込みフォーム

電話・メールでのご相談

PAGE TOP