コラム

働きやすい職場環境とは?

働きやすい職場は、人間関係が良好ですね。
コミュニケーションを取りやすく、新人などの若い人も仕事を任されるようになり、責任を持って仕事に取り組むことができるようになります。
また、休暇や福利厚生が整うことにより、短時間勤務や在宅勤務など、多様な働き方が認められるという職場環境も働きやすい環境ですね。
働きやすい職場環境についてまとめてみました。

Contents
1、人間関係や社内の雰囲気が良い
2、多様な働き方ができる
3、業務量が適正である
4、休暇がとりやすい
5、意見や意思の主張がしやすい、風通しが良い
6、休日労働がない
7、まとめ
8、サスケ・アカデミーでは

1、人間関係や社内の雰囲気が良い

人間関係や社内の雰囲気が良いことは、コミュニケーションが取りやすく、スムーズな連携を取ることができますね。
会話があるということだけでなく「関係性が良い」こと。
関係性が良いと周りの目を気にせず業務に取り組み、働きやすいと感じるようになりますね。

 

2、多様な働き方ができる

テレワークや、フレックス制を導入し、必ずしも決まった時間に出社しなくてよい会社だと良いですね。
朝は、出勤前に限って、急に体調が悪くなるなどトラブルが起こりがちです。
そういう時にフレキシブルに対応できる取り組みをしている会社なら、安心ですね。

 

3、業務量が適正である

自分に適した業務量でないと、残業が増え、ストレスが溜まり、仕事の効率が落ちるというデメリットが生じます。
業務量が適正だと、自分で工夫をして仕事に取り組む余裕が生まれ、働きやすいと感じるようになりますね。

 

4、休暇がとりやすい

急に休みが取りたいときに気軽に休むことができる、ということは大きなメリットですね。
ライフワークバランスを大切にしたい人や、育児に追われている人にとっては影響力がある特徴だということがわかります。
気軽に休むことができるには、仕事の一つひとつを、誰にでもできるようにしていくことが大切ですね。
特定の人に頼らない職場は休みを取りやすく、気兼ねなく休むことができますね。

 

5、意見や意思の主張がしやすい、風通しが良い

トップダウン型の職場だと、ただ従うような働き方になり、働きがいを感じることができなくなってしまいます。
自分の意見を主張できる職場だと、言う気になり、自分で考えて仕事をしようと思うようになるというメリットがあります。
また、ポジティブな評価もネガティブな評価も、ストレートに伝えて、「社員全員にとって風通しの良い職場」だけではなく、風通しが良いとはいえないけれど、人に優しい職場など、自分に合った環境が働きやすいと思う可能性もありますね。

 

6、休日労働がない

ライフワークバランスを考えると、休日労働がないことが働きやすい職場につながることがわかります。
予定を組みやすく、オンとオフのメリハリをつけることができるというメリットがあります。

 

7、まとめ

働きやすい環境に大切なのは、やはり人間関係が良好であることです。
上下関係の垣根が低いことも大事な要因で、体調の異変を感じたら、
できるだけ早めに上司や同僚など伝えることができるような職場だと良いですね。
風通しが良いとはいえないけれど、人に優しい職場など、自分に合った環境が働きやすいと思う可能性もあります。

 

8、サスケ・アカデミーでは

ビジネスマナーやパソコントレーニングといった職業訓練、就職活動のサポートに加え、就職した後も支援を継続します。
仕事を始めてから出てきたトラブルにも、会社との間に立って環境の改善に努め、職場に長く定着できるよう支援もしています。
サスケアカデミー電話ご相談 0120-063-067

WEB上でのご相談・ご面談申し込みフォーム

お問い合わせ窓口

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP